メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公改正案

さい帯血の民間取引禁止 血縁者のみ提供へ

 民間バンクから流出したさい帯血が国に無届けで患者に投与された事件を受け、公的さい帯血バンク以外が血縁者でない第三者にさい帯血を提供することを原則禁止する「造血幹細胞移植推進法」改正案を自民、公明両党がまとめた。立憲民主党などの野党にも呼びかけ、今国会での成立を目指す。

 さい帯血は、母親と胎児をつなぐへその緒や胎盤にある血液。造血幹細胞が多く含まれ、白血病などの治療に使われる。国内には、提供に同意した母親からさい帯血を集めて保管し、第三者に移植する公的バンクと、赤ちゃん本人や血縁者が病気になった時のために保…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]