メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浜岡原発アンケ

南海トラフ地震、割れる意見 臨時情報時

浜岡原発と周辺11市町

 南海トラフ地震の臨時情報が出された際の中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の対応について、半径30キロ圏の11市町のうち2首長が毎日新聞のアンケートに対し「停止すべきだ」と回答した。4首長は「国が判断すべきだ」「対応基準を作るべきだ」と、国などの関与を求めた。【松岡大地、島田信幸】

 国は昨年、地震予知を前提とした大規模地震対策特別措置法に基づく防災体制を見直した。これまでは首相が警戒宣言を発令し住民避難などを実施することになっていたが、予知は困難だとして、地震発生の可能性が高まった時などに気象庁が臨時情報を出すことになった。中部電は警戒宣言で浜岡原発を停止する方針だったが、臨時情報発表時の対応を決めていない。

 政府要請で浜岡原発が完全停止してから14日で7年となるのに合わせ、川勝平太・静岡県知事と11市町の…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです