メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

左大胸筋痛「運動制限1カ月」…稀勢休場

稀勢の里

 大相撲夏場所は13日、東京・両国国技館で初日を迎える。11日は取組編成会議が行われ、ともに田子ノ浦部屋の横綱・稀勢の里と大関・高安が休場を届け出た。稀勢の里は「左大胸筋痛で約1カ月激しい運動を制限する」との診断書を日本相撲協会に提出した。

 稀勢の里の休場は7場所連続8回目。横綱の7場所連続休場は、年6場所制になった1958年以降では2002年名古屋場所まで全休した貴乃花と並び最長。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)は稀勢の里について「体調も含め、思うようにならないところが多々あった。次の場所に向け、治していきたいということで休場した」と説明した。

 7日の稽古(けいこ)で左腕を痛め昨年九州場所以来4回目の休場になった高安は、「左上腕三角筋部分断裂…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです