メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

防衛省のファイル名、わざと分かりにくく 「公開請求逃れ」と職員証言

インターネット上の電子政府窓口「e-Gov」で公表されている防衛省の行政文書ファイル管理簿=宮武祐希撮影

 防衛省が保管する多くの公文書ファイルが、インターネットで公表される目録に抽象的な名称で登録され、国民が検索しづらい状態になっていることが毎日新聞の取材で明らかになった。イラク復興支援に関するファイル名を「運用一般」とするなど抽象化されたファイルは2016年度分で約4万件に上る。公文書管理法のガイドラインは国民に分かりやすい名称をファイルに付けるよう定めているが、その趣旨に反する実態が放置されている。【大場弘行、片平知宏、日下部聡】

 目録は、各省庁に作成と公表が義務付けられている「行政文書ファイル管理簿」。各ファイルの名称や保存期間など基本情報が登録され、政府のウェブサイト「e-Gov(イーガブ)」で国民が閲覧できる。防衛省のファイルは名称から内容が分かりにくいものが目立つため、毎日新聞は非公表のファイル情報が記載されている資料を情報公開請求した。資料は同法を所管する内閣府に防衛省が提出した16年度分のファイル情報のリストで、抽象的な名称のファイルに補足説明の欄がある。このリストは、正式には「レコードスケジュールの付与状況」と呼ばれている。

 それによると、航空自衛隊北部航空方面隊の「運用一般(10年)(A)」という名称のファイルは、補足説明欄に「イラク人道復興支援特別措置法に基づく対応措置にかかわる支援について」と記載されていた。陸上自衛隊衛生学校の「注研究(1年)」というファイルは「『南スーダン派遣施設隊(第8次要員)に係る教訓要報(案)』について(照会)」との記載が同欄にあった。

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです