メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

[PR]

 ■鎌倉シティブラス 第18回プロムナードコンサート

 20日13時半、鎌倉芸術館大ホール(神奈川県鎌倉市・JR大船駅)。同市の文化協会に所属する市民吹奏楽団の公演。2部構成で、ポップスや演歌、アニメの楽曲やクラシックを演奏。終演後に楽器体験コーナーを開設する。曲目は映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」より「レジスタンス・マーチ」、人気アーティスト、米津玄師(よねづ・けんし)の「ピースサイン」ほか。入場無料。未就学児入場可。080・5527・1275

 ■舘野泉 ピアノ・リサイタル~ユヴァル・ゴトリボヴィチを迎えて~

 24日19時、ヤマハホール(中央区・地下鉄銀座駅)。ピアノ=舘野泉、ビオラ=ユバル・ゴトリボビチ。ピアニストの舘野は2002年、脳出血で右半身が不自由になるが、左手だけで演奏活動を再開。「左手のピアニスト」として、独自のジャンルを切り開いている。数多くの国際コンクールで優勝経験があるイスラエル出身のビオラ奏者、ゴトリボビチと共演。国内外の作曲家が舘野のために創作した楽曲を演奏する。曲目はゴトリボビチ作曲の「ビオラと左手のピアノのためのソナタ」ほか。全席指定6000円。未就学児入場不可。03・3572・3171(11時~19時半)

 ■平塚フィルハーモニー管弦楽団 第27回定期演奏会

 27日14時、平塚市中央公民館大ホール(神奈川県平塚市・JR平塚駅)。指揮=田部井剛、演奏=平塚フィルハーモニー管弦楽団。1991年結成の同管弦楽団は年2回の自主公演や、同市まちづくり財団のコンサートなどで演奏活動を続けている。曲目はベートーベン「交響曲第5番 ハ短調 運命」(ベーレンライター新版)ほか。全席自由1000円。未就学児入場不可。080・3095・3763

プレゼント

 ■シャルル・リシャール=アムラン ピアノ・リサイタル

 6月7日19時、東京オペラシティコンサートホール(新宿区・京王新線初台駅)。ピアニスト、シャルル・リシャール=アムランのソロ公演。2015年の「ショパン国際ピアノ・コンクール」で第2位を受賞するなど、同世代のピアニストの中でも特に実力の評価が高い。曲目はシューマン「アラベスク」、ショパンの「バラード」全4曲ほか。S席5500円、A席3500円、学生2500円▼5組10人を招待。往復はがきに郵便番号、住所、氏名を明記し、〒166-0003東京都杉並区高円寺南4の7の1の4階、日本アーティストチケットセンター「アムラン ピアノリサイタルプレゼント毎日係」。5月20日必着。提供元が抽選、発送。落選者には同公演の優待案内を送付する。03・5305・4545

 ■ディオティマ弦楽四重奏団 バルトーク弦楽四重奏曲全曲演奏会

 6月12日18時半、横浜みなとみらいホール小ホール(横浜市西区・みなとみらい駅)。ディオティマ弦楽四重奏団は1996年、パリとリヨンの国立高等音楽院で優秀な成績を収めた4人で結成。多くの国際コンクールで入賞し、第一線で活躍する作曲家とも交流がある。現代曲を積極的に演奏し、ベートーベンほか古典派弦楽四重奏の作品も得意にしている。ハンガリーの作曲家、バルトークの傑作「弦楽四重奏曲」全6曲マラソンコンサートを行う。全席指定8800円、学生4000円。未就学児入場不可。045・682・2000

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  2. 1週間の感染者1000人超の愛知、帰省の再検討求める 岐阜知事は「バーベキューに注意」

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 「うがい薬、瞬く間に消えた」歯科医ら吉村知事に憤り 研究内容、発表法にも批判

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです