メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高野陽介さん

横国大・非常勤講師、障害武器に研究の道へ 自分の経験から「学校生活の課題」探る /神奈川

プール事故で肢体不自由

 中学時代のプール事故で肢体不自由となった男性が、障害者としての自身の経験を生かし、障害児者の教育について研究を深めようとしている。東京学芸大大学院博士課程を今春修了した、高野陽介さん(30)=千葉県木更津市=だ。「障害がある自分だから踏み込める研究がある」。4月からは横浜国立大で非常勤講師をしつつ、研究の道を歩んでいる。【宇多川はるか】

 高野さんは東京学芸大大学院の連合学校教育学研究科に在籍中、横浜国立大に配置され、同大の泉真由子教授…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです