メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

「挑戦」の大切さ語る 羽生永世7冠が講演 北野天満宮 /京都

子どもたちに挑戦することの大切さなどを訴える羽生善治竜王=京都市上京区で、大東祐紀撮影

 初の永世7冠を達成し、国民栄誉賞を受賞した将棋の羽生善治竜王(47)が12日、京都市上京区の北野天満宮で講演した。羽生竜王は挑戦することの大切さを語り、府内の子どもたちと保護者ら約100人が聴き入った。

 市児童館学童連盟や日本将棋連盟府支部連合会などが羽生竜王の国民栄誉賞受賞を記念して主催。3月に市内で行われた「京都子ども将棋交流大会」で3回戦まで進んだ子どもたちが参加した。

 羽生竜王は、重ねてきた経験や記憶を「モノサシ」に例え、「挑戦する際はいろいろな種類のモノサシを持っ…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです