メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

「LGBT学」説くゲイの講師(その1) 教える側から変える

「LGBT差別に対抗するため教育で何ができるかを考えて」と初講義で語った眞野豊さん=広島市安佐南区の広島修道大で2018年4月6日、徳野仁子撮影

 それまで和やかだった教室の空気が一瞬、引き締まった。「LGBTという言葉だけ覚えても意味はないんです」。憤りさえにじむ口調。聴講する若者たちの表情が変わった。

 広島市安佐南区の広島修道大6号館。4月6日、ゲイ(男性同性愛者)の当事者で同大非常勤講師の眞野豊さん(36)が、学生58人を前に性的少数者(LGBTなど)について語っていた。「LGBT差別と教育をめぐる社会学」と題した半年間の授業科目の第1回。今春から教壇に立つ眞野さんにとっては、記念すべき初講義でもある。

 「私は同性が好きです。皆さんは、そういう人を何と呼んでいましたか?」。ある学生が「ホモ」と答えた。「そうですよね。最近では『ホモ』『おかま』は差別的だとして『ゲイ』が使われるようになった。でも、私が中学教員だった4年前には既に、そのゲイという言葉でいじめが行われていましたよ」

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです