メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポンペオ米国務長官

正恩氏と会談 「過去の敵国、今は同盟国」日本引き合いに

会談する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左から2人目)と米国のポンペオ国務長官(右端)=平壌で9日、朝鮮通信

 【ワシントン高本耕太】9日に北朝鮮を訪問し金正恩朝鮮労働党委員長と会談したポンペオ米国務長官は11日の記者会見で、金委員長に「過去に敵対した国と友好関係を築いてきた米国の歴史を語った」と明かした。非核化に向けた北朝鮮との一連の交渉で、米国側は、太平洋戦争で戦火を交えた日本との現在の同盟関係などを引き合いに、未来志向の関係構築を呼びかけている模様だ。

 ポンペオ氏は「両国間に横たわってきた困難について金委員長と語り合った」と説明、北朝鮮との対立を解消する「希望」について伝えたとも述べた。「かつての敵国との和解」の例示は、北朝鮮の軟化を促すとともに、テロ支援国家指定国との急速な関係改善を批判する、国内の一部勢力を意識したものといえそうだ。

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです