メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

認知症に備える 「コグニサイズ」で脳生き生き

横断歩道の白線部分を使って、歩幅をチェックできる。つま先を白の起点に合わせて1歩でまたげれば合格=さいたま市浦和区で、梅田啓祐撮影

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 認知症予防の研究は年々進んでいる。運動の面では、頭と体を同時に動かす体操「コグニサイズ」が効果的で、認知機能の維持に効果があると注目されている。さらに近年、「歩幅」が認知症の発症リスクに関係することがわかってきた。

 ●頭と体同時に鍛錬

 「1、2、3、4……」。60~80歳代の男女13人が、床に広げた縄ばしご状のひもの上を、列を組んで進んでいく。1から8まで数えながら、はしごの1マスにつき4歩ずつ足踏みするのがルール。横浜市中区の「横浜中央YMCA」の体育室で週1回行われている「脳いきいき体操」講座の人気プログラム「コグニサイズ」が始まった。

 約10分後、スタッフの水落綾花さん(29)が「3と6の時にはマスの外を踏みましょう」と指示を出すと、とたんに難しくなった。指示通りに足が動かず、立ち止まる人や「あれ、間違えちゃった」と照れ笑いを見せる人が相次ぐ。

この記事は有料記事です。

残り1723文字(全文2133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです