メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

川本三郎・評 『大根の底ぢから!』=林望・著

 (フィルムアート社・1944円)

本書自体、散し寿司のよう

 飲食に関する随筆は、食べ歩き、飲み歩きが多く、正直、「いい気なもんだ」と腹立たしくなる。渥美清は「うまいもんがあると聞くと、捜してでも食いに行くなんて、なんか、品がないよなあ」と言ったという(山田太一『月日の残像』新潮社)。

 その点、林望さんの食の随筆は、どれを読んでも、面白く、幸せな気持ちになる。なぜなら、林望さんは自分で料理をしているから。

 「料理は家庭料理を以(もっ)て第一義とする」が信条。なにしろ林家では、朝晩とも林望さんの担当で、奥…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1471文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 風知草 身もフタもない=山田孝男
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]