メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はしか

輸入感染で流行 沖縄・愛知、患者計100人超 77~90年生まれ注意

全国の今年のはしか患者報告数/沖縄・愛知県の年代別のはしか患者報告数と、予防接種制度の年代による違い

 沖縄県で流行中のはしか(麻疹)は、愛知県にも感染が広がり、患者報告数がじわじわと増えて両県合わせて100人を超えた。沖縄の流行は台湾からの旅行客が発端で、外国から持ち込まれたウイルスをきっかけに流行する事例は「輸入感染」と呼ばれ、毎年のように発生している。背景には、ウイルスの持つ強い感染力に加え、免疫の弱い大人が少なくないという問題がある。【野田武、熊谷豪】

     沖縄では、3月17日に台湾から訪れた30代男性が、県内を3日間旅行し、同20日にはしかと診断された。この間に男性旅行客と直接接触のあった人が相次いで「2次感染」し、さらに2次感染者と接触した人にもうつる「3次感染」という形で感染が広がった。

     沖縄県によると、これまでにはしかと診断された人は10日現在で94人に上る。年代別では30代が最多で30人。以下多い順に、20代23人▽40代13人▽10代8人--など。20~40代が多いのが特徴だ。

     一方、愛知県の患者は20人(12日現在)。3月28日~4月2日に沖縄旅行をした名古屋市の10代男性が、4月11日に診断された。予防接種は受けていなかった。この男性が受診した名古屋第二赤十字病院では、受診者ら計8人に感染が広がったと推定されている。愛知でも30代(7人)と20代(6人)が多数を占める。

     20~40代が多いのは、予防接種制度が年代ごとに異なるからだ。はしかはワクチン接種が唯一の予防手段とされ、麻疹と風疹の混合ワクチン(MRワクチン)が一般的だ。乳幼児は公費で接種を受けられる「定期接種」の対象で、現在は1歳の1年間と小学校入学前の1年間の計2回。2回受けるのは、1回目で身についた免疫が、2回目の接種で大きく増強するためだ。

     ただ、定期接種の導入は1978年10月で、接種が2回に増えたのは2006年度。翌年に10~20代で大流行したため、08年度から1回接種の中学1年生と高校3年生に5年間限定で2回目の接種をしたことで、おおむね28歳以下の年代の人が2回接種を受け高い免疫をつけている。この結果、77~90年生まれの人(28~41歳)が1回接種の年代に相当し、免疫が十分身につかずに感染しやすい人もいる。これより上の年代は、子どもの頃にはしかにかかって免疫のできた人が多い。

     ただし、子どもの頃の既往歴は当てにならないことがある。感染症に詳しい東京都立駒込病院(文京区)の今村顕史感染症科部長は「昔の小児科医は発疹や発熱などの見た目ではしかだと診断していたこともある。その中には違う病気も含まれているため、『はしかにかかっているから大丈夫』と誤って思い込んでいる可能性もある」と指摘する。

     ワクチンの接種歴についても、「母子健康手帳の記載が一番確実」として、確認するよう求めている。未接種などの場合、自費になるが、医療機関でワクチン接種を受けることができる。MRワクチンで1回1万円程度。母子手帳が手元にない場合などは、免疫があるかどうかの血液検査も数千円程度で可能だ。

    海外渡航前にワクチンを

    世界各国のはしか(麻疹)患者報告数上位10の国

     はしかについて日本は、土着のウイルスが国内に存在しない「排除状態」にあると、世界保健機関(WHO)が2015年3月に認定した。だが、今回のような「輸入感染」が毎年のように繰り返されている。

     16年には関西国際空港(大阪府)で多数の従業員や利用者が感染し、各地で患者が見つかった。17年には、インドネシアから帰国した20代男性が運転免許取得のため滞在した山形県や、インドから30代男性が帰国した金沢市で、複数の患者が発生する地域的な流行が起きている。

     海外では、はしかの患者が日常的に発生している国が少なくない。WHOによると、アジアや欧州、アフリカなどが多く、患者報告数の多い上位10カ国には、インドネシアや中国、マレーシアなど日本からの海外旅行先としてなじみのある国が入っている。

     免疫が十分でない人が海外へ渡航する場合、厚生労働省はMRワクチンの接種を推奨している。根絶に向けて予防指針の見直し議論も進めていて、今月11日の会議では医療機関や空港の従業員に接種を進める方針を提示した。妊婦は重症化しやすく流産や早産の恐れもあるため、日本産婦人科医会は、インドネシアなど流行地への渡航と、沖縄と愛知への訪問の自粛を呼びかけている。

     輸入感染は、免疫の不十分な人が海外でウイルスに感染し、潜伏期間(10~12日)を経て帰国前後に発症するケースが多い。一方、今回の沖縄の例のように、外国人旅行者によってウイルスが持ち込まれる場合もある。

     輸入感染を防ぐには、はしかの免疫が不十分な人へのワクチン接種を進めて、感染しやすい人を減らさなければならない。駒込病院の今村さんは「流行のない時にこそ積極的に接種を進めて、外国から感染者が入国しても流行を起こしにくい社会を作っておくことが重要だ」と訴える。


     ■ことば

    はしか(麻疹)

     麻疹ウイルスが原因で発症する病気。感染力は空気感染するためインフルエンザの5~13倍、免疫を持たない人が感染すると90%以上が発症するとされる。感染から10~12日後に熱やせきが出て、その後発疹や高熱が生じる。WHOは全世界で年間約9万人が死亡していると推計。国内での致死率は0・3%。非常にまれだが乳児が感染すると、重い運動・知能障害を招く脳炎になることもある。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
    2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
    4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]