メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うめきた

2期に2陣営 2次コンペ 7月下旬、事業者決定

うめきた2期区域

 JR大阪駅北側の大型再開発「うめきた」2期区域(大阪市北区、約16ヘクタール)の事業者を決める2次コンペに2グループが参加することが判明した。オリックス不動産や阪急電鉄、三菱地所などうめきた1期を手掛けた企業中心のグループと、大和ハウス工業の入るグループ。2次コンペは21、22日に参加申し込みを受け付け、7月下旬に事業者を決める。

 2次コンペは、地権者の都市再生機構(UR)が、13~14年にあった1次で優秀提案者となった20社・…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです