国民愛知県連

来月設立 希望・民進合流 立憲と連携強調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進党愛知県連は12日、国民民主党の発足後初の幹事会を名古屋市内で開き、来月2日予定の定期大会で希望の党、民進党の双方の県連組織を合流させ、国民県連を設立すると決めた。この日は希望に所属した議員がオブザーバーとして出席。離党して立憲民主党などへ移った一部議員を除き、かつての「民進王国」の顔ぶれが再びそろった。

 会合には、民進県連代表で国民共同代表の大塚耕平氏、元希望で国民幹事長の古川元久氏も出席した。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文574文字)

あわせて読みたい

注目の特集