連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

麻生大臣 「セクハラ罪はない」と発言する罪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松尾貴史さん作
松尾貴史さん作

 安倍晋三総理大臣が、訪問先のイスラエルでネタニヤフ首相主催の公式夕食会で会食したという先日のニュースで、専属の料理人が作ったデザートが、「靴」に入ったものだったことが物議を醸しているという。

 そのフォルムも質感もリアルなもので、どう考えても食指の動く体裁ではないが、総理夫妻は喜んで食べたそうだ。そういうしつらえをする料理人の意図するところはわからないけれど、これは悪趣味というものではないのか。

 もちろん実際に履くものではなく、靴を模した金属製の器だというのだけれども、写真を見たらとても手を出したくなるような見た目ではなく、食事の最後に気分を害してもおかしくないリスクを、料理人はなぜ背負ったのか不可解だ。

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1449文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集