メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊丹市

小型発信器装着で盗難自転車の追跡実験

自転車後部の反射板内に取り付けられた小型発信器=伊丹市提供

 兵庫県伊丹市は、市内に1000台ある防犯カメラと電波受信機で盗難自転車を追跡する実験を今月末から始める。市職員の私有自転車に小型発信器を装着。盗難時、防犯カメラが収集した位置情報や動画を警察へ提供し、早期発見と容疑者の特定につなげる。発信器付きの自転車が盗難に遭わなければ効果を検証できないが、「追跡可能な自転車があると思えば盗むことをためらうはず」。市は抑止効果も期待している。【近藤諭】

 2014年9月に神戸市長田区で発生した女児殺害事件などを受け、伊丹市は防犯カメラを16年度までに市…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文717文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  4. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです