メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

アルゼンチン産牛肉、一部解禁へ 口蹄疫発生で停止

 政府は口蹄疫(こうていえき)の発生で輸入停止になっていたアルゼンチン産牛肉について、輸入を一部解禁する方針を固めた。斎藤健農相が14日、東京都内でアルゼンチンのエチェベレ農産業相と会談し、一部解禁の方針を伝える見通し。

 政府が輸入を解禁するのは、アルゼンチン南部のパタゴニア地方の牛肉。同国では2006年までに口蹄疫が度々発生し、同国産牛肉の輸入を停止する動きが日本を含めて世界的に広がっていた。しかし、アルゼンチンは衛生対策を進…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです