メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北米自由貿易協定

「車関税ゼロ」巡り交渉継続

 【ワシントン清水憲司】米国とカナダ、メキシコによる北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉は11日、5日間の閣僚会合を終えた。今後も事務レベルなどで交渉を継続し、米国は17日までの大筋合意を目指す。しかし、自動車の関税をゼロにする基準などを巡って意見に隔たりがあり、早期決着の見通しは立っていない。

 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は会合後、「状況の打開に向け、両国と作業を続ける」との声明を出し、引き続き早期決着を目指す考えを示した。

 部品の域内調達比率を62.5%以上にすれば自動車の関税をゼロにする現行の「原産地規則」について、米国は大幅な比率引き上げを要求。今回の閣僚会合でも一致点を見いだすことはできなかった。カナダのフリーランド外相は記者団に「原産地規則を巡り進展があった」としながらも「望ましい合意に達するまで、交渉は続く」として決着を急がない方針を表明した。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  4. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

  5. 新型コロナの感染 「北半球で重大な岐路に」 WHO事務局長が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです