南スーダン

陸自、動画を一部開示 3秒のみ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 防衛省が南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題でこれまで存在しないとして不開示としていた動画が新たに見つかり、その一部が情報公開請求をしていたジャーナリストの布施祐仁氏に開示された。

 布施氏によると開示請求していたのは、陸上自衛隊が活動していた南スーダンの首都ジュバで2016年7月に大規模な戦闘が発生した前後の時期に、陸自が撮影した映像だった。

 16年12月に請求し、防衛省は昨年9月に静止画も「映像」に含まれるとして写真を開示していたが、動画はないとしていたという。それを受けて不服審査請求していたところ、今年2月になって防衛省から「やはりありました」と連絡があったという。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文507文字)

あわせて読みたい

ニュース特集