メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

関学大、日大に謝罪要求 悪質な反則行為

 東京で6日にあったアメリカンフットボールの日大-関学大の定期戦で、日大の選手による悪質な反則行為で選手が負傷した問題で、関学大の鳥内秀晃監督らが12日、兵庫県西宮市で記者会見し、日大に対し、反則行為についての見解と謝罪を求める抗議文を発送したことを明らかにした。鳥内監督は「スポーツを超えた範ちゅうで、あってはならないこと」と厳しい口調で語った。

 抗議文は10日付。16日を回答期限として、責任者からの誠意ある対応がなければ、来年度以降の定期戦は実施しない。また、関東学生連盟に対しても選手や監督に説明を求めることなどの要望書を提出した。

 6日の試合では、日大の選手はボールを投げ終えて無防備な状態だった関学大選手に背後からタックルするなど3度反則し退場となった。関学大の選手は右膝軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間と診断され、現在も左足にしびれが残っている状態だという。両チームは全日本大学選手権決勝(毎日甲子園ボウル)で最多の29回の対戦がある伝統校で、定期戦も今回が51回目だった。【丹下友紀子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
  2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]