メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

桐生、最下位9位でも明るく「悪くなかった」

男子100メートルで最下位の9位でゴールし、引き揚げる桐生祥秀=共同

陸上 ダイヤモンドリーグ第2戦 上海大会(12日)

 雨にぬれた桐生の表情は、意外なほど明るかった。日本記録を出した昨年9月以来の男子100メートルは10秒26で最下位の9位。約8カ月ぶりの花形種目は、結果を見れば低調だったが「今の自分の走りがどんなものか。そんなに悪くない」とうなずいた。

 ガトリンやリオデジャネイロ五輪3位のデグラッセ(カナダ)ら自己記録が9秒台の選手が9人中7人と実力者がそろっ…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  2. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  3. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  4. 東京・六本木 「アートナイト」始まる 光の巨人も登場
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]