メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第5日 日本人プロデュースの中国作品にも注目

「アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト」の公式記者会見に臨む市山尚三プロデューサー(右端)。並んでいるのは、左からジャ・ジャンクー監督、主演のチャオ・タオさん、リャオ・ファンさん=フランス・カンヌで2018年5月12日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭は12日、開幕して初めての週末を迎え、人出も増えてきました。会場周辺は行き交う関係者や観光客で終日ごった返しています。会場は町の中心部の海に面した一角にあり、周囲にはたくさんのカフェやレストランが並んでいるのですが、どの店も午前中から深夜までにぎわっています。

 さて、会場では毎日、コンペティション部門の作品の監督や主な出演者らによる公式記者会見があります。この日は、ジャ・ジャンクー監督(中国)の「アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト」で、監督や主演女優のチャオ・タオさん、相手役のリャオ・ファンさんが出席しました。

 ジャ・ジャンクー監督は2013年、「罪の手ざわり」でカンヌ映画祭コンペティション部門の脚本賞を受賞…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです