メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

バヌアツの「祖先像」 儀礼仕切る強い存在感

1969年ニューヘブリデス諸島(バヌアツ)で収集高さ83センチ、横68センチ、幅19センチ国立民族学博物館蔵

 両手を広げて悠然と立つ祖先像の姿は、1970年大阪万博のシンボル「太陽の塔」と似ている。写真でこの姿を見せられた芸術家の岡本太郎(1911~96年)は「太平洋では昔から岡本太郎のまねをしていたんだな」と語ったという。当時、岡本は「太陽の塔」の制作に取りかかっていた。

 大阪万博でテーマ館のプロデューサーを務めた岡本は塔内部で世界各地の仮面や彫像、生活用具などを展示しようと発案。それを受けて、平均年齢30歳の研究者ら20人による「日本万国博覧会世界民族資料調査収集団(EEM)」が結成され、68年から1年かけて約2500点を収集した。ニューヘブリデス諸島(バヌアツ)で集められた祖先像は、その一つだ。木組みにヤシなどの植物繊維を絡め、その上を粘土で固めて、形作ったとされる。顔の横に装飾されているのは…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文878文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです