メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵・鰻和弘

 優しさってむずかしくないですか?

 例えば、レジがだいぶ混んでる時。自分の番になったらスムーズに早くお会計しようと、焦ってお釣りを取ろうとして、バシャーン!と落としてしまう。優しい人は人の気持ちを先読みできるので、気持ちの汲(く)み取りのプレッシャーで焦ってしまうんですよね。

 カウンターのお店や新幹線の自由席で、自分の横の席にカバンを置いちゃう人の横には誰も座らないですよね。でも、誰か座りはるやろう、と優しさを発動してカバンを膝に置いてる人の横には誰かが座ってきますよね。優しい人が快適ではなくなるんで…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです