メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

火口周辺に土砂2メートル超 合同チーム、初の現地調査 /群馬

 1月に噴火した本(もと)白根山について、気象庁や東京工業大、富山大などの各研究機関で構成する合同調査チームが噴火後初めて、火口や噴石の飛散状況などに関する本格的な現地調査を、10、11の両日行った。三つの噴火口では目立った噴気は確認されなかったが、火口周辺では厚さ2メートル以上の土砂が堆積(たいせき)し、直径数メートルもの巨大な噴石を確認。木の枝が噴石で切り落とされている状況も把握した。【吉田勝】

 今後、収集したデータを分析して取りまとめ、6月に開かれる火山噴火予知連絡会に報告する。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです