メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲府地区消防本部

119番内容、通訳システム導入 5カ国語に対応 東京五輪・パラ控え整備 /山梨

 日本語をうまく話すことができない外国人に対応するため、甲府地区消防本部はこのほど、119番の内容を通訳できるシステムを導入した。外国人居住者や観光客の増加を受けた措置で、県内では初めて。【加古ななみ】

 119番を受けた職員が「通訳が必要」と判断すると、民間の通訳会社との3者間通話に切り替える。災害や救助の現場でも外国人とコミュニケーションを取ることが可能となった。

 対象地域は、同本部管内の甲府市、甲斐市、中央市、昭和町。言語は、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語の5カ国語。これまで日本語を話せない外国人の通報者に対しては「日本語を話せる人を探してください」などといったアナウンスを一方的に流していた。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです