メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

出版記念朗読会を開いた難病の元シンガー 土屋竜一さん(53)=佐久市 /長野

できることは精いっぱい

 10歳で難病の筋ジストロフィーを発症しながらも、前を向いて生きた少年時代の体験を基にした全10話の物語「ぼくにできること」を出版した。それを記念した「そよ風の朗読会」を4月末に佐久市で開き、盛況だった。

 物語の主人公・リュウちゃんが住む地方では、わんぱくな子どもを「ゴタ」と呼ぶ。リュウちゃんは行く先々で冒険やいたずらを繰り返すゴタそのもの。さまざまな出来事に遭遇するが、病気やいじめに負けず、自分にできること、できないことに向き合いながら成長していく。その物語には「できることは精いっぱいやる」「あきらめない」といった自身の生きる姿勢が反映されている。

 かつてシンガー・ソングライターとして各地でコンサート活動を展開し、車いす姿で涼やかな美声を響かせた…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文937文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]