メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

「未来フェスタ」実行委員 竹内正直さん(20) /愛知

 父は日本人、母はフィリピン人で、2013年、母と一緒にフィリピンから来日した。定時制高校3年に在籍し、授業とバスケットボール部、アルバイトと寝る間もないほど。そんな中で今、力を注いでいるのが、来日直後から支えてくれた日本語教室「ガリ勉クラブ」のイベント「未来フェスタ」だ。

 教室は名古屋YWCAが運営し、小学校高学年から高校生まで外国にルーツを持つ子どもたち約100人が、それぞれの目的に応じたクラスで学ぶ。「未来フェスタ」は一般の人も大勢訪れる年1回のお祭りで、実行委員が中心となり約3カ月かけて準備を進める。

 「最初はほとんど日本語が話せず、不安でいっぱいでした」と振り返る。フィリピンで中学2年まで終えたものの、学齢超過を理由に日本の中学校への編入が認められなかった。そこでこの教室をはじめ複数のボランティアの支援を受けて勉強し、高校受験資格を得るために夜間中学に通学した。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 外為 東京=10時 1ドル=106円86~87銭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです