メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京は水もの

えにし訪ね、ぶらり探訪/57 銭湯ドリンク 郷愁誘う昭和の味 /京都

 広々とした湯船でゆったり体を温めた後、番台横の冷蔵庫から取り出したコーヒー牛乳やサイダー、あるいは色とりどりのジュースをごくり。「プハーッ」と声がでる。これぞ銭湯の醍醐味(だいごみ)だが、湯上がりの一杯は国際的巨大ブランドのコーラでは気分がでない。昭和の香りが漂い、郷愁を刺激する昔ながらの銭湯ドリンクでなければならない。

 「自分が子供のころに飲んだ記憶はないのになぜか懐かしい。不思議ですよね。この味が銭湯にある風景を残すのが私の目標です」

この記事は有料記事です。

残り1263文字(全文1485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです