メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演会

佐世保にカジノ来たら? 問題考える 市民ら120人 /長崎

 カジノを含む統合型リゾート(IR)について考える「カジノ問題講演会」が13日、佐世保市常盤町の市中央公民館であり、市民ら約120人が熱心に耳を傾けた。

 「カジノ誘致問題を考える市民の会」(早稲田矩子代表)の主催で、静岡大の鳥畑与一教授(国際金融論)が「佐世保にカジノが来たらどうなるの?」のテーマで講演した。

 鳥畑氏は国内3カ所とされる候補地の中で、ハウステンボス(HTB)は大阪に次いで有力な候補地であると予測。その上でレストラン、娯楽など施設全体で集客してカジノで集中的に収益化するメカニズムがあると指摘した。

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです