メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不動産仲介会社「IRIS」の須藤啓光社長(左)とスタッフの石野大地さん

 LGBTなど性的少数者に配慮した「LGBTフレンドリー」のサービスをうたう企業が増えている。生活に密接に関わる不動産関連業や、2020年の東京五輪に向けて需要が見込める宿泊業の取り組みが目立つ。当事者の悩みに応じながら対応を進める企業を取材した。

 ●不動産仲介「力に」

 「同性カップルでの入居を希望しておられます。お二人とも落ち着いた方々です」

 東京都世田谷区の不動産仲介会社「IRIS(アイリス)」は同意を得た客の人柄などを紹介状に書き込み、…

この記事は有料記事です。

残り2154文字(全文2377文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]