メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学で英語を学ぶため、イラク北部クルド人自治区の中心都市であるアルビルで1人暮らしを始めたマリアムさん

 「あなたのこと、なんと呼んだらいいですか?」。そう尋ねると彼女は一瞬の沈黙の後、戸惑った表情のままこう答えた。「分からないわ。むしろ教えてほしい。私は一体誰なのか」

 マリアム・バルチアンさん(31)。彼女は20代の頃までそう呼ばれてきた。育ったのはイランの首都、テヘラン。両親と血のつながっていないことは、幼心に気付いていた。19歳の時、育ての父が亡くなると、家族は彼女を冷遇した。彼女はわずかな手がかりをたどりながら、自分の「居場所」を探り始めた。

 赤ちゃんだった彼女が保護されたのは1988年3月、イラクとの国境近くだ。ハラブチャというイラク側の街でサダム政権が化学兵器により、5000人ものクルド人を虐殺した直後。発見されたのは、ハラブチャから逃れる道のりにあたる。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです