メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学で英語を学ぶため、イラク北部クルド人自治区の中心都市であるアルビルで1人暮らしを始めたマリアムさん

 「あなたのこと、なんと呼んだらいいですか?」。そう尋ねると彼女は一瞬の沈黙の後、戸惑った表情のままこう答えた。「分からないわ。むしろ教えてほしい。私は一体誰なのか」

 マリアム・バルチアンさん(31)。彼女は20代の頃までそう呼ばれてきた。育ったのはイランの首都、テヘラン。両親と血のつながっていないことは、幼心に気付いていた。19歳の時、育ての父が亡くなると、家族は彼女を冷遇した。彼女はわずかな手がかりをたどりながら、自分の「居場所」を探り始めた。

 赤ちゃんだった彼女が保護されたのは1988年3月、イラクとの国境近くだ。ハラブチャというイラク側の…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文608文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです