メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学で英語を学ぶため、イラク北部クルド人自治区の中心都市であるアルビルで1人暮らしを始めたマリアムさん

 「あなたのこと、なんと呼んだらいいですか?」。そう尋ねると彼女は一瞬の沈黙の後、戸惑った表情のままこう答えた。「分からないわ。むしろ教えてほしい。私は一体誰なのか」

 マリアム・バルチアンさん(31)。彼女は20代の頃までそう呼ばれてきた。育ったのはイランの首都、テヘラン。両親と血のつながっていないことは、幼心に気付いていた。19歳の時、育ての父が亡くなると、家族は彼女を冷遇した。彼女はわずかな手がかりをたどりながら、自分の「居場所」を探り始めた。

 赤ちゃんだった彼女が保護されたのは1988年3月、イラクとの国境近くだ。ハラブチャというイラク側の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです