メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーW杯・レジェンドからの伝言

/6止 強い意志が結果生む 井原正巳さん

井原正巳さん

井原正巳さん(50)=DF 1998年フランス大会代表

 日本代表が初出場したワールドカップ(W杯)フランス大会に主将として臨んだ。初戦のアルゼンチン戦のピッチに立った瞬間、「これを目標にいろんなものを犠牲にしてきた、という思いが爆発した」という。

 チームは大会を通じて最終ラインから前線までコンパクトに保ち、強豪のアルゼンチンやクロアチアを苦しめたが、ゴール前で一瞬のチャンスやすきを逃さないといった「最後の(部分で)違いを一番感じた大会だった」。1点差の3連敗で1次リーグ敗退に終わり、「世界の壁を感じた」と振り返る。

 当時の代表メンバーで「ドーハの悲劇」を経験したのは中山雅史(J3沼津)と2人だけだった。1993年…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです