メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーW杯・レジェンドからの伝言

/6止 強い意志が結果生む 井原正巳さん

井原正巳さん

井原正巳さん(50)=DF 1998年フランス大会代表

 日本代表が初出場したワールドカップ(W杯)フランス大会に主将として臨んだ。初戦のアルゼンチン戦のピッチに立った瞬間、「これを目標にいろんなものを犠牲にしてきた、という思いが爆発した」という。

 チームは大会を通じて最終ラインから前線までコンパクトに保ち、強豪のアルゼンチンやクロアチアを苦しめたが、ゴール前で一瞬のチャンスやすきを逃さないといった「最後の(部分で)違いを一番感じた大会だった」。1点差の3連敗で1次リーグ敗退に終わり、「世界の壁を感じた」と振り返る。

 当時の代表メンバーで「ドーハの悲劇」を経験したのは中山雅史(J3沼津)と2人だけだった。1993年…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです