サッカー

ドイツ1部リーグ ドルトムント・香川、すべて注ぐ覚悟 3カ月ぶり復帰

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 サッカー・ドイツ1部リーグでドルトムントの香川真司が12日、左足首を負傷した2月10日以来のリーグ戦復帰を果たした。今季最終節のホッフェンハイム戦で後半30分から出場。3カ月ぶりの実戦に「すべてを復帰のためにやってきた。(W杯に向けて)もっともっと上げていければいい」と、すがすがしい表情だった。

 1-3とリードされた場面でピッチへ。チームは欧州チャンピオンズリーグ(CL)進出のため得失点差を考えて守備的な戦術を取った。そのため香川が前線の中央…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集