メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埋葬犬の骨

ともに狩り、食べ、弔う 骨が語る、縄文人と犬の蜜月 愛媛で出土、慶大教授ら分析

上黒岩岩陰遺跡で出土した国内最古の埋葬犬2体の頭骨。左側が1匹目、右側が2匹目=慶応大民族学考古学研究室提供

 縄文時代の犬は人間と共に狩りをし、肉を分け与えられ、手厚く葬られた--。愛媛県久万高原町(くまこうげんちょう)の国史跡「上黒岩岩陰(かみくろいわいわかげ)遺跡」で1962年に出土した国内最古の埋葬された犬の骨について、慶応大などが科学的分析を進め、縄文人と犬の深い関係が浮かび上がってきた。考古学の発達で骨が多くを語り始め、国内外で注目を集めている。

     上黒岩岩陰遺跡は、石鎚山麓(さんろく)の高原地帯の川沿いにあり、縄文時代の女性像を刻んだ石の発見などで知られる。犬の骨は62年、慶大の研究者らが埋葬人骨に隣接する場所で、屈葬された状態の2匹の全身骨格を発掘。地層などから最古の埋葬犬とされた。骨は調査後に所在不明になっていたが、2011年に慶大の収蔵庫で見つかった。慶大の佐藤孝雄教授(動物考古学)を中心に最新の分析手法で調べ直した。

     2匹は推定体高が約38センチと約41センチで、現代の柴犬程度かやや小型だが、たくましい骨格。放射性炭素による年代測定で7400~7200年前(縄文時代早期末~前期初頭)と判明し、改めて最古と確認された。

     さらに、犬の生活状態を示すものとしてあごの骨や歯に着目。2匹とも臼歯(きゅうし)の一部が生前に失われ、あごの骨の歯槽(歯の根が入る穴)は塞がっていた。残った歯も内部の象牙質が露出し、酷使されていた。また、骨が含む窒素や炭素で食性を分析したところ、近くで出土した人骨同様に肉食性が高いことが判明した。

     佐藤教授は「犬がイノシシなどにかみついて足止めし、人間が仕留める分担で猟が行われ、犬は歯を失った。危険を共にした犬には情も移ったはず。肉を与え、猟に出なくなっても大切に飼い続けて葬ったのではないか」と推測する。【松倉展人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
    2. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
    3. ローソン 冷凍「たい焼き」に「今川焼き」混入 回収へ
    4. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
    5. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]