米国

トランプ氏、ZTE制裁緩和を示唆

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領=AP
トランプ米大統領=AP

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は13日、米国の制裁によって経営危機が懸念される中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)について、習近平国家主席と対応策を協議していると明らかにした。米商務省に早期の対応を指示した。米中間の通商摩擦の高まりを和らげる狙いがあるとみられる。

 トランプ氏はツイッターに「ZTEが事業を再開できる方策を習氏と協議している」と投稿。「中国で多くの雇用が失われる」ことを理由に挙げた。

 米商務省は4月16日、ZTEがイランや北朝鮮に対する禁輸措置に違反し、再発防止策でもウソの説明をしたとして、米製品の取引を7年間禁止する制裁を発表した。ZTEは半導体などを米製品に依存しており、中国メディアなどによると、携帯電話などの生産が難しくなり、主要事業を停止するなど、経営破綻の可能性が指摘されている。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集