メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川

「合葬墓で墓じまい」広がる 先祖への思いで葛藤も

浄土真宗大谷派法句寺が管理する永代供養墓=金沢市山科町で2018年5月8日、石川将来撮影

 少子化や核家族化の進行で無縁墓が増える中、先祖代々の墓を撤去して合葬墓(永代供養墓、合同墓)に納骨する「墓じまい」が広がっている。寺院などに管理や供養を依頼でき「後継者問題が片付いた」と安心する人も多いが、一方で、受け継いだ墓を手放す葛藤もある。利便性やサービスの充実だけでなく、「親族の気持ち」の観点から考える必要がありそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1277文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです