メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川

「合葬墓で墓じまい」広がる 先祖への思いで葛藤も

浄土真宗大谷派法句寺が管理する永代供養墓=金沢市山科町で2018年5月8日、石川将来撮影

 少子化や核家族化の進行で無縁墓が増える中、先祖代々の墓を撤去して合葬墓(永代供養墓、合同墓)に納骨する「墓じまい」が広がっている。寺院などに管理や供養を依頼でき「後継者問題が片付いた」と安心する人も多いが、一方で、受け継いだ墓を手放す葛藤もある。利便性やサービスの充実だけでなく、「親族の気持ち」の観点から考える必要がありそうだ。

 金沢市野田町の大乗寺山霊園。街並みを見渡せるのどかな場所に、薄紫色の大きな墓がある。家族葬などを手掛ける「心泉の丘」(同市小将町)が販売し、真宗大谷派法句寺(同)が管理する永代供養墓だ。1997年の建立以来、250世帯以上が利用。法名板に刻まれた名前は、ここ数年で急増した。

 「同じ霊園のお墓に草が茂って無縁仏のようになるのを見て、『いつか我が家も』と不安になった」と話す金沢市のパートの女性(58)は一昨年、墓じまいをした。一人っ子で、既婚だが子供はいない。先祖の遺骨をこの永代供養墓に納めた。「余力のあるうちにできてほっとした」

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1277文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです