メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漢検訴訟

高裁で和解 元理事長側が解決金3億円

 日本漢字能力検定協会(京都市)が大久保昇元理事長(82)父子らに対し、不正な取引で生じた損害計25億円余りの賠償を求めた訴訟の控訴審は14日、大阪高裁(橋詰均裁判官)で和解が成立した。

 和解は、既に支払った約2億5000万円とは別に、元理事長側が解決金として約3億6000万円を支払うなどの内容。高裁が和解勧告していた…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]