連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

マライアさん告白 「勇気もらった」共感続々

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ポップ音楽界の大スター、マライア・キャリーさんが4月、長年患う自身の「双極性障害」(そううつ病)を告白し、ツイッターなどで共感が広がっている。多くは同じ病に苦しむ人の声だ。そこからは、精神疾患を抱える人たちが生きづらい社会の現状も浮かぶ。【宇多川はるか】

 双極性障害では、気分が高ぶる「そう」と落ち込む「うつ」の二つの状態が表れる。

 マライアさんは4月上旬、米ピープル誌のインタビューで病気を初めて公表した。同誌上で「最近まで否定と孤独の中で生きてきた。いつも誰かが私をさらし者にするのではないかとおびえていた」と語った。17年間苦しみ、最近になって治療を始め、告白を決意したという。

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1149文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集