慶大など

子宮移植サルが妊娠 人での臨床研究申請へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 サルから摘出した子宮を別のサルに移植して妊娠させることに成功したと、慶応大などの研究チームが13日、仙台市で開かれた日本産科婦人科学会で発表した。チームは発表後、報道陣の取材に「技術的課題は解消された」と述べ、国内初となる人の子宮移植の臨床研究計画を年内に学内倫理委員会に申請する方針を明らかにした。

 人の子宮移植は、子宮が生まれつきなかったり病気で失ったりした女性が出産を期待できる。海外では既にスウェーデンや米国などで行われ、計11人誕生している。その一方、心臓や肝臓のように生命維持のためではなく出産目的で臓器を移植することの是非など倫理的問題が指摘され、免疫抑制剤の長期使用による胎児への影響など不明点もある。実施には学内倫理委員会の承認や関連学会の理解を得る必要があり、見通しは不透明だ。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文634文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集