メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慶大など

子宮移植サルが妊娠 人での臨床研究申請へ

 サルから摘出した子宮を別のサルに移植して妊娠させることに成功したと、慶応大などの研究チームが13日、仙台市で開かれた日本産科婦人科学会で発表した。チームは発表後、報道陣の取材に「技術的課題は解消された」と述べ、国内初となる人の子宮移植の臨床研究計画を年内に学内倫理委員会に申請する方針を明らかにした。

 人の子宮移植は、子宮が生まれつきなかったり病気で失ったりした女性が出産を期待できる。海外では既にス…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文634文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです