メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

端っこも世界なんだ=小国綾子

加古里子さんの絵本「とこちゃんはどこ」。赤い帽子に黄色い浮輪を持って、スイカ割りを見ているのが主人公のとこちゃん=小国綾子撮影

 イギリスの絵本「ウォーリーをさがせ!」が発売から30周年を迎え、話題になっている。でも群衆の中から主人公をさがし出す絵本というなら、日本にだって「とこちゃんはどこ」があるよ、と言いたい。先日、92歳で亡くなった絵本作家、加古里子(かこさとし)さんの1970年の作品だ。

 見開きページいっぱいに、大勢の人々が描かれている。場面は、デパートや動物園や海水浴場。迷子になってしまった主人公の「とこちゃん」を群衆の中からさがし出す絵本だ。同じように見えて少しずつ違う「大勢」の絵に子どもたちが夢中になることを、加古さんはウォーリーが誕生する前から、ちゃんと知っていたのだ。

 「物尽くし」と呼ばれるほど、絵本に「大勢」を描く人だった。「おたまじゃくしの101ちゃん」では10…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです