連載

あした元気になあれ

小国綾子記者の「元気」を追いかけるコラム。

連載一覧

あした元気になあれ

端っこも世界なんだ=小国綾子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
加古里子さんの絵本「とこちゃんはどこ」。赤い帽子に黄色い浮輪を持って、スイカ割りを見ているのが主人公のとこちゃん=小国綾子撮影
加古里子さんの絵本「とこちゃんはどこ」。赤い帽子に黄色い浮輪を持って、スイカ割りを見ているのが主人公のとこちゃん=小国綾子撮影

 イギリスの絵本「ウォーリーをさがせ!」が発売から30周年を迎え、話題になっている。でも群衆の中から主人公をさがし出す絵本というなら、日本にだって「とこちゃんはどこ」があるよ、と言いたい。先日、92歳で亡くなった絵本作家、加古里子(かこさとし)さんの1970年の作品だ。

 見開きページいっぱいに、大勢の人々が描かれている。場面は、デパートや動物園や海水浴場。迷子になってしまった主人公の「とこちゃん」を群衆の中からさがし出す絵本だ。同じように見えて少しずつ違う「大勢」の絵に子どもたちが夢中になることを、加古さんはウォーリーが誕生する前から、ちゃんと知っていたのだ。

 「物尽くし」と呼ばれるほど、絵本に「大勢」を描く人だった。「おたまじゃくしの101ちゃん」では101匹ものおたまじゃくし。「からすのパンやさん」では羽の色や表情の違うたくさんのカラスやいろいろな形のパン。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文933文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集