メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌手 大津美子「ここに幸あり」 傘寿迎え、詞かみしめ

大津美子さん=宮武祐希撮影

 昭和の名曲はあまたあれど、これほどまでに世代や国境を超えて愛されている歌は、あまりないのではなかろうか。大津美子の「ここに幸あり」。曲が生まれてから60年余り。詞の通り、嵐にも雨にも負けず、前を向いて幸せを見つけていこうと、ずっと人々の背中を押してきた。「今でも多くの方に、ご自身の人生を重ねて歌ってもらっています。本当にいい曲をいただいたと思います」。今年、傘寿を迎えた大御所は語る。

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文1849文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです