メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#東北でよかった

U・Iターン/7 クイーンアンドカンパニー 東京の仕事、十和田で

クラウド活用、交流拠点も

 先駆的な現代美術を扱うことで知られる十和田市現代美術館がある十和田市は近年、“アートの街”として成長しつつある。その中心部に昨春、古い本屋を改装したイベント・交流スペース「14-54」がオープンした。名前は番地が由来だ。

 「14-54」には、同美術館が所蔵する美術書が並ぶライブラリースペースがあり、市民が集う場になっている。運営するのは、米国人2人による「クイーンアンドカンパニー」。取締役のアレックス・クイーンさん(29)と共同創立者のマイケル・ウォーレンさん(33)は、この地に魅せられて移住してきた。ともに「若い世代に新しい働き方を提示したい」と話す。

 ここは2人の仕事場でもある。事業は翻訳・通訳からウェブサイトのリニューアルまで多岐にわたる。2人は…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです