連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

囲碁はけんか /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 囲碁の話です。碁盤は普通、縦横それぞれ19本の線が引いてある「十九路盤」を使います。ところが近年は、縦横9本の「九路盤」や13本の「十三路盤」の囲碁が、若い人を中心にはやっています。盤が小さいので、勝負が早く決着します。それが、スマートフォンなどの囲碁ゲームに向いているのです。

 以上、日本棋院県支部の土田正光九段(73)に聞いた話の受け売りです。土田さんは「十九路盤はのんびりとしているが、九路盤や十三路盤は、けんかが早く来る。忙しい世の中、こちらの方が合う部分もある」と説明してくれました。

 毎日新聞社と日本棋院が主催する第64回全日本アマチュア本因坊決定戦の県大会について、土田さんと話し合いました。今年は6月17日にあります。正式な大会は、もちろん十九路盤で戦ってもらいます。それに加え、同じ会場で自由参加の「第1回十三路盤アマ本因坊戦」も実施することにしました。こちらは、県大会のトーナメントで敗退した棋士に参加を呼びかけます。県大会は参加料をいただきますので、「2度おいしい」方が良…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文913文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集