メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖大花火大会

テーマは虹色の旅 大津で8月7日開催 /滋賀

「びわ湖大花火大会」の様子=大津市で2015年8月7日、竹下理子撮影

 真夏の琵琶湖を華麗に彩る今年の「びわ湖大花火大会」が8月7日午後7時半から、大津市の大津港沖一帯で開かれることが決まった。約1時間の予定で、観客約35万人を見込む。

     今年のテーマは「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」。県や市町、観光業者らが7~12月に実施する観光キャンペーンのタイトルを採用した。今年は県と中国・湖南省の友好提携35周年にあたることから、湖南省の花火を含む約1万発を打ち上げる。

     有料観覧席は約2万8000席用意し、7月上旬から販売開始。詳細は実行委ホームページ(https://www.biwako-visitors.jp/hanabi/)で告知する。小雨決行で、荒天の場合は8月10日に延期。問い合わせは「びわこビジターズビューロー」内の実行委事務局(077・511・1530)。【北出昭】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
    3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
    5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]