メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島の死体遺棄

斑鳩の女性殺害、被告が起訴内容認める 地裁初公判 /奈良

 斑鳩町の飲食店店員の女性(当時35歳)を殺害し、広島県呉市の親族宅に隠したとして殺人や死体遺棄などの罪に問われた元飲食店店長、染井俊一被告(38)=広島市南区=に対する裁判員裁判の初公判が14日、奈良地裁(西川篤志裁判長)であった。染井被告は起訴内容を認めた。

     起訴状によると、染井被告は昨年10月4日、大和郡山市内のホテルで女性の首を両手で押さえ付け、窒息死させた。その後、遺体を車で広島県呉市の親族宅に運び、建物内に遺棄したとされる。【数野智史】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]