メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ポーカーで金をむしりとられるカモは…

[PR]

 ポーカーで金をむしりとられるカモは「フィッシュ」、カモに狙いをつけてボロもうけする連中を「シャーク(サメ)」というのは分かりやすい。ポーカーはその双方を乗せた米ミシシッピ川の蒸気船で広まった▲19世紀中ごろ、そこに就航した川船は700隻を超えたが、船客をカモにする賭博師は2000人以上いたという。彼らは刺しゅうのある黒ベスト、かかとの高い長靴、金の懐中時計や指輪、金ぴかの飾りのあるつえなどでそれと分かった(増川宏一(ますかわ・こういち)著「賭博2」)▲さて、このサメと魚を乗せた船を日本の陸にあげてみようということか。カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案で、政府はお客同士が勝負を競い合うポーカーも解禁する方針を固めたという▲IRのカジノではゲームの公正を確保するため、ルーレットなど偶然で決まる勝負に限って解禁するというのが従来の方針だった。ポーカーのようにスキル(技能)がからむゲームは公正を保つのが難しいとみられていたからである▲それがカジノのディーラー(進行役)が公正の管理にあたればいいということになったのは、海外で人気のポーカーの集客力への期待からという。結局はスキルがものをいうこのゲームでは、日本の「お客さん」の運命も心配になる▲ギャンブル依存症対策の「週3回」などという入場制限が、週3回入り浸っても依存症ではないのかと素朴な驚きを呼んだIRカジノである。賭けられた市民社会の健全にポーカーフェースはできない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです