裁量労働制

一般労働者データ、数百件の異常確認 厚労省調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 裁量労働制に関する厚生労働省の調査データに異常値が多数含まれていた問題で、同省の精査の結果、裁量労働制の労働時間と比較した一般労働者の労働時間について、数百件の異常値が確認された。政府関係者が取材に明らかにした。精査結果は15日の衆院厚労委員会理事会に報告される。

 問題となったのは、厚労省が2013年4~6月に実施した「13年度労働時間等総合実態調査…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

注目の特集