メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁量労働制

一般労働者データ、数百件の異常確認 厚労省調査

 裁量労働制に関する厚生労働省の調査データに異常値が多数含まれていた問題で、同省の精査の結果、裁量労働制の労働時間と比較した一般労働者の労働時間について、数百件の異常値が確認された。政府関係者が取材に明らかにした。精査結果は15日の衆院厚労委員会理事会に報告される。

 問題となったのは、厚労省が2013年4~6月に実施した「13年度労働時間等総合実態調査…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  3. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです