メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

斎藤健氏/上 「ギリシア人の物語3 新しき力」 古代の指導者、手本に

 30年近く付き合いのある作家の塩野七生さんが、わざわざサインして送ってきてくれたのがこれ(「ギリシア人の物語3 新しき力」)。おととしの11月か12月に塩野さんと東京で飲んだ時に「3巻はいよいよアレクサンドロスを書く。長編はこれで最後」と聞かされた。塩野さんの思いがこもった最後の一冊だ。

 この本を通じて知りたかったのは、若くしてリーダーになった人が、いかにして死ぬかもしれない遠征に兵士を従わせ、かつ先王に仕えた経験豊富なベテランを率いたのかということ。一つは適切なタイミングで胸を打つ演説をする能力と、どんな戦闘でも真っ先に突っ込むスタイルだと描かれている。捕虜の尋問を自分でやったという部分は、大臣として「これが大事」と思ったら直接話を聞くことにつながるのかもしれない。

 彼女が書くのは歴史ではなく人間。だから「ギリシア物語」ではなく「ギリシア人の物語」となる。そのまま…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1082文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]