メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

斎藤健氏/上 「ギリシア人の物語3 新しき力」 古代の指導者、手本に

 30年近く付き合いのある作家の塩野七生さんが、わざわざサインして送ってきてくれたのがこれ(「ギリシア人の物語3 新しき力」)。おととしの11月か12月に塩野さんと東京で飲んだ時に「3巻はいよいよアレクサンドロスを書く。長編はこれで最後」と聞かされた。塩野さんの思いがこもった最後の一冊だ。

 この本を通じて知りたかったのは、若くしてリーダーになった人が、いかにして死ぬかもしれない遠征に兵士を従わせ、かつ先王に仕えた経験豊富なベテランを率いたのかということ。一つは適切なタイミングで胸を打つ演説をする能力と、どんな戦闘でも真っ先に突っ込むスタイルだと描かれている。捕虜の尋問を自分でやったという部分は、大臣として「これが大事」と思ったら直接話を聞くことにつながるのかもしれない。

 彼女が書くのは歴史ではなく人間。だから「ギリシア物語」ではなく「ギリシア人の物語」となる。そのまま…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1082文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです