メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

揺さぶり 制裁緩和示唆も強硬姿勢

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】米中の貿易摩擦問題が深刻化する中、トランプ米大統領が硬軟両様の戦略で中国に対する揺さぶりを強めている。

 トランプ氏は13日、米企業との商取引禁止処分を受けている中国通信機器大手、中興通訊(ZTE)について、ツイッターに「事業を再開できる方策を習(近平)中国国家主席と協議している」と投稿し、制裁緩和に応じる構えをみせた。

 ZTEは4月16日、米商務省からイランや北朝鮮に対する禁輸措置に違反したなどとして、7年間の取引禁…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文608文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです